学園概要

校名・校訓・校章
校歌・学園歌

校 訓

徳においては純真に 義務においては堅実に
SIMPLE DANS MA VERTU FORTE DANS MON DEVOIR
神と人の前に素直な精神と品性を備え、自分の使命を
最後まで貫く強さを持った女性を育てます

校 章

十字架は、キリスト教精神に基づく学校であること
開かれた聖書は、真理の光をここに求めること
糸巻きは、女性の仕事の象徴で、働き奉仕すること
ロザリオは、知識を探求するとともに祈ること
白いマーガレットは、花の清純なこころを示しています。
中央が楯の形をとっているのは、これらの教えを楯として

困難をのりこえることを教えます。
この校章は全世界の幼きイエスの会の学校で用いられています。

校訓は校章の上下に仏文で書き表されています。

校 名

校名の由来

幼きイエス会の修道女たちは、一本の茎から必ず二枚の葉を

つける「ふたばあおい」という植物を、ヨーロッパの女性と

日本の女性が深い友情の絆によって結ばれる象徴と考えました。

こうして、茎が東洋と西洋を結ぶような、広い連帯の心で限り

ない希望を抱く「雙葉」が学園の名前となりました。

校 歌

作詞 大和田建樹

編曲 Genevieve Rousselon(G.ルスロン)

1 雪にもたえて さかゆく春の
        松のみどり  時はいまぞ
  いざやならえ  いざやならえ
  いざやかえぬ みさを

2 めぐみの雨に ひもとく百合の
  花のつぼみ  園はここぞ
  いざや学べ いざや学べ
  いざや高き いろ香

学園歌

「海のかなたのメッセージ」

作詞 長谷川沙織

   上條智子

作曲 長谷川沙織

 

1 ふきぬける風に 翼を広げ

  あの光るクロスに 白いはとがとまる

  今も昔もこれからも

  変わらないものがあるはず

  道がなければ 自分の手でつくればいい

   ※昔 海のかなたから届いた

    一つの優しさよ

    いつまでもかれることのない

    マーガレットの花になれ

 

2 青空にうかぶ あの光るクロス

  そこから飛び立つ 白いこばと

  マーガレットの花びらが

  風にまえば道は開ける

  未来の光 目指す鳥になろうよ

   ※(くりかえし)

【後 援 会】

© 横浜雙葉学園 All rights reserved