学園の歴史
​沿 革
横浜雙葉中学高等学校の教育は、17世紀、フランスでニコラ・バレ神父がうち捨てられた子供たちの尊厳を回復するための教育活動を開始したことに始まります。バレ神父が1666年に開設したカトリックの女子修道会「幼きイエス会」はその後、世界各地に広がり、バレ神父の教えを受け継ぐ女子教育に取り組んでいます。マザー・マチルド他4名の修道女が横浜に上陸したのは1872年のこと。初めての来日修道女として、山手58番地に外国人子女教育および貧困孤児養育事業を開始しました。のちに一般の子女を対象に女子教育を始め、1958年に校名を横浜雙葉中学校・高等学校に変更しました。バレ神父やマザー・マチルドの女子教育にかける熱い想いは、現在も教育理念として受け継がれています。
福者 ニコラ・バレ
創始者 マザー・マチルド

【後 援 会】

© 横浜雙葉学園 All rights reserved